光干渉式眼軸長測定装置とは?

AL1 眼軸長(角膜頂点から網膜までの長さ)の測定誤差は白内障術後における屈折誤差の要因の1つです。よって、術後屈折誤差を減少させるためにも、眼軸長の測定精度を向上させることが重要です。 

  従来の超音波A-mode法による眼軸長測定は、接触式で点眼麻酔が必要であり、測定値のばらつき、眼球圧迫による測定誤差などの問題点がありましたが、光学式眼軸長測定装置では、非接触型のためこれらの問題点が改善され、また高精度な測定機能が注目されています。  当院では、光干渉式眼軸長測定装置 AL-Scan(ニデック社製)を導入し、白内障手術前の検査に活用しております。 

※ 一部の進行した白内障の目では光干渉式眼軸長測定装置で測定できない為、超音波A-mode法による眼軸長測定を行っております。AL2

眼軸長