色覚異常(色盲・色弱)

概要

光の三原色である赤、緑、青は主要な色として知られています。これらの3つの色を適切な割合で混ぜれば白を含むどんな色も発生させることができます。
私たちの目は、この色の無限の配列を区別する事ができます。視細胞の1つである錐体と呼ばれる受容体は、黄斑部と呼ばれる網膜の中心部分に多く存在しています。網膜はカメラのフィルムのような役目をしている眼底の神経層です。全ての色の感覚を赤、緑、青の3つのタイプの色の受容体(錐体)から読み取っています。
男性の5%(20人に1人)と女性の0.2%(500人に1人)未満が色覚異常であるといわれています。色覚に問題のある人のほとんどは生まれつきのもので、X染色体による両親からの遺伝です。これは、状態を引き起こす遺伝子がX性染色体の上に位置していることを意味します。
男性はXとY性染色体を持っていますが、女性は1組のX性染色体のみを持っています。
遺伝学的に、これの意味するところは・・・
• 男性は支配的に影響を受けます。
• 女性は支配的に影響を受けませんが、欠陥遺伝子のキャリヤーです。キャリヤーは、遺伝子によって彼らの息子の半分にそれを遺伝させます。彼らの娘の半分はキャリヤーであるかもしれません。
• 父親が色覚異常の場合には、娘達は全て遺伝子のキャリヤーになり、息子達は異常が出る者、出ない者に別れます。
• 母親が色覚異常の場合には、全ての息子達に異常が表れ、娘達は全てキャリヤーになります。
また、色覚異常の全ての症例が先天的であるというわけではありません。糖尿病網膜症や緑内障など、網膜や視神経の病気が原因で色覚に問題が生じる場合もあります。

症状

  色覚異常とは、実際は全く色が見えないわけでなく、他とは違う色に見えるという状態であり、色はちゃんと認識できます。 ほとんどの色覚異常者は色が見えないのではなく、だれにでも苦手なことがあるように、色を見分けるのが少し苦手なだけです。色覚異常者には、同色の「色合い」を区別することにおける問題があるだけです。

・赤緑色覚異常
色覚異常者の中で、この赤緑色覚異常が多く、赤と緑の区別がつきにくいという症状です。

・青黄色覚異常
青黄色覚異常とは、網膜の錐体神経のうち青錐体系の異常により起こるもので、一般の健常者であっても青錐体系の数は少なく、この錐体神経はあまり使用していないため、生活を送る上での支障は全くといって良いほどありません。

・全色盲(1色型色覚)
色覚異常のなかでも最も程度が強い色覚異常(白黒だけしか見えない)は、非常にめずらしいもので、10万人~20万人に1人の割合だといわれています。

診断

小児期に色覚異常であるかどうかを知ることは大切な事です。colorblind1colorblind2
幼稚園や小学校で右図の様な色覚検査が使用されています。
もちろん、これ以外にも何種類かの色覚検査がり、当院でも行っております。

治療

先天性の色覚異常は今のところ、治療法がありません。
色覚異常を早くに認識することは、学校生活やその後の人生において、コミュニケーションの問題を回避する手助けになるでしょう。
色覚異常が見逃されている子供の場合、色を見分けることに苦労しているのを、学習能力に問題があると勘違いされるかもしれません。
学校で選択科目を決める時に、色覚異常がある場合は、色の区別が重要であるような科目を選択するかどうかはじっくりと検討したほうが良いでしょう。例えば美術や化学などです。
職業を決める時にも色覚異常を念頭において下さい。色は信号や薬品ラベルなどの重要情報を伝えるの大切です。そのため一部の職業(薬学系や船舶・鉄道関係など)においてはハンディになります。