コンタクトレンズを作るには

1.眼科受診

コンタクトレンズを作りたい方は、健康保険証をご持参の上、まず眼科を受診して下さい。
コンタクトレンズは角膜に直接のせて使用されるため、人工呼吸器などと同様に高度管理医療機器に指定されており、医師によって処方されなけらばなりません
日用品やアクセサリーを購入するのとは異なり、最初に眼科で処方を受けてから販売店で購入することになります。

2.適性検査

眼科では、涙の量・質、アレルギー性結膜炎の有無、結膜・角膜の状態、瞼の形状、屈折の状態(近視、遠視、乱視の程度)を検査し、コンタクトレンズの装用ができる眼かどうかの適性検査を行っています。

3.コンタクトレンズの種類を選択

コンタクトレンズの適応と判断されれば、どのようなコンタクトレンズを選択するか、眼科医と相談します。
眼科医側からは、安全性と視力の補正効果(乱視の有無などにより異なります)を考慮して、最も適当と考えられるコンタクトレンズの提示を行います。
最終的には使用者側の希望や目的(スポーツ時に使用、必要なときのみ使用)も考慮に入れて、レンズのタイプを決定します。

4.コンタクトレンズの規格を決定

コンタクトレンズのカーブ、サイズ等の規格を決め、適正な視力になるパワーを決定します。
そしてコンタクトレンズの処方を受けます。

5.販売店からコンタクトレンズを購入

眼科での処方後にコンタクトレンズを購入します。購入先は、価格よりもアフターケア、すなわち購入後のレンズの保証と安全管理のサポートを重視することが大切です。
当院ではコンタクトレンズ販売店「CL884」を併設しています(初めて購入して頂いた方にはケア用品等無料で差し上げております)。