コンタクトレンズに関してよくあるご質問(FQA)

コンタクトレンズを使う上でとても大切ですので、下記をご熟読くださいますようお願いします。

購入するには検査が必要ですか?

はい。コンタクトレンズは医療用具なので、レンズを購入する前に、どのコンタクトでも検査が必要になります。
コンタクトレンズは直接眼に触れるものです。眼の健康を考えて、しっかり検査を受けてから安心してお使いください。

コンタクトレンズの規格は眼によって違うのですか?

コンタクトレンズは一人一人の眼に合わせて処方されます。 そのため、処方されるレンズの規格は異なります。コンタクトレンズは、 ベースカーブ(BC)や度数(パワー)などの要素から規格が決められます。 これらのデータは、一人一人の眼(角膜)のカーブや屈折度数を測定してご自分にあったレンズが選ばれます。 また、眼の表面の状態や疾患の有無、さらに涙の量など、 さまざまな項目からレンズに対する適性が判断されます。コンタクトレンズは眼(角膜)に直接装用して使う医療用具ですから、 眼科医によって総合的に判断して決定されます。大切な眼のことです。 コンタクトレンズは眼科医の検査・処方を受けてご自分に合った製品をお求めください。

コンタクトレンズを買うまでの手順は、どのようになっているのですか?

コンタクトレンズは医療用具です。最初に眼科医による目の検査を受けてください。 眼の状態など、コンタクトレンズを装用する上での適性がチェックされた後、ご自分に合ったコンタクトレンズが眼科医によって処方されます。 そして当院併設の販売店等から、コンタクトレンズ製品を購入してください。 さらにしっかりレンズの装用指導を受けて、快適なコンタクトレンズライフをはじめましょう。 そして眼科医の指示するスケジュールに沿って定期検査を受けて、快適なコンタクトレンズライフを送ってください。

レンズがつけにくいのですが、何かコツはありますか?

個人差はありますが、ほとんどの方の場合、人さし指にレンズを乗せると思います。その時、指先が水分で濡れていると、レンズが指にくっついてしまいます。そこで、レンズを乗せる前に人差し指と親指同士を擦りあわせるようにして、人さし指の指先を乾燥させてから、もう一方の手で水切りをしたレンズをそっと乗せることがポイントです。指にレンズを乗せた後2、3秒待つと装着しやすくなります。(注)糸くずが着くので、指先はタオル等で拭かないでください。

レンズの表裏の見分け方を教えてください。

レンズは装着される前に水分を切り、水分をよく拭き取った人さし指の腹の上に乗せてください。正常な状態ですと、レンズはきれいなおわん型になりますが、レンズが裏返しになっていると、レンズのふちがそり返って見えます。表裏の確認方法については、製品のそれぞれの取り扱い説明書に記載されています。

レンズの左右が分からなくなったらどうすればいいですか?

レンズは使用者の目の左右のデータをもとにそれぞれ、度数やカーブが決められています。左右が分からなくなった場合は、当院のスタッフにお尋ねください。

コンタクトレンズの取り扱い方法を守らないと、どうなりますか?

コンタクトレンズは眼(角膜)に直接のせて使用するものです。 コンタクトレンズやケア用品(ケアが必要な製品の場合)の取り扱い方法を誤ると 、角膜潰瘍(かくまくかいよう)などの重い眼障害につながることがあります。 それを放置すれば失明してしまうこともあります。また、自覚症状がなく、 調子よく装用していても眼やレンズにキズがついたり、眼障害が進行していることがあります。 レンズやケア用品は常に清潔に保ち、正しい取り扱い方法を必ず守って、眼科医に指示された装用スケジュールに沿ってお使いください。

定期検査は、なぜ必要なのですか?

定期検査は、装用者の眼にコンタクトレンズが正しくフィットしているかどうかをチェックしたり、 長期に渡って安全かどうかを確認するために必要です。また眼に障害がないかどうか、 そして予防のためにも定期検査は必要です。なれてくると、もう大丈夫だと思いがちになります。 眼科に行くのもおっくうになるでしょう。そのとき、あなたの目が危険にさらされているかもしれないのです。 自覚症状がなく調子よく装用していても、知らないうちに眼障害が進行していることがあります。 今日は大丈夫かもしれません。でも、1か月後、1年後、5年後の影響は専門家でないとわからないのです。 ぜひ検査をかかさないでください。

消毒は毎日行わないといけないのでしょうか?

1日使い捨てタイプのコンタクトレンズ以外、装用後は消毒を毎日行うことが厚生労働省より義務づけられています。 レンズを清潔に保ち、眼の安全の為に毎日消毒しなくてはなりません。 また、ソフトレンズは含水性の素材のため、微生物が繁殖しやすい環境にあります。そのため、毎日の消毒がは必ず行ってください。

たまにしかレンズを使用しないのですがケアは必要ですか?

レンズを使用した後は必ずレンズケアを行ってください。

レンズケースもお手入れの必要がありますか?

意外となさる方が少ないのですが、レンズケースも毎日の洗浄と乾燥が必要です。 レンズケースの洗浄は水道水ではなく、レンズと同じ薬剤ですすいで下さい。 できれば何個かのケースをお持ち頂き、毎日順番に変えながら使って下さい。 また、古いケースは出来れば廃棄して頂き、定期的に新しいケースに交換して下さい。 レンズケースの汚れから雑菌が繁殖し、障害の原因になることもあります。 レンズケースをお使いになっているお客様は、ぜひ、ケースのお手入れにも気を使って下さい。

タンパク除去は、どのくらいの間隔で行えばいいのですか?

タンパクの汚れの付き方には個人差があるため、タンパク除去の決まった間隔はありません。 レンズが汚れやすい人やゴロゴロ感、異物感などを感じた時にはタンパク除去をして下さい。もし、定期的に行う場合は、週に1度、普段のケアの後、タンパク除去剤を用いタンパク除去を行っていただくことをお勧めします。 ただし、1日使い捨てタイプに関してはケアが必要ありません。

未開封のレンズはどのように保管すればいいのですか?

未開封で使っていないレンズは室内の直射日光のあたらない冷暗所に保管してください。冷蔵庫に入れる必要はありません。