ごあいさつ

話しやすい雰囲気作りを心がけた、頼りになるクリニックを目指しております。

院長

 これまで私は近隣の東邦大学医療センター佐倉病院眼科等において、約13年間にわたり眼科全般、特に網膜硝子体手術や白内障手術を中心として眼科診療に従事してきました。同眼科には竹内 忍初代教授の時代から、全国より重症眼疾患の患者さまが最後の望みを懸けて多数受診され、外来は常に数時間待ちという状態が続いていました。もちろん、外来には遠方の重症患者さまだけではなく、大学病院を信頼され近隣から来られた比較的軽症の患者様までもが何時間も待って多数受診されていました。その様な大学病院でしか出来ない特殊な手術・治療を必要としない患者さままでもが、何時間も待って診療を受けている状況をどうにか改善できないか?と、常日頃考えておりました。

 そこで、これまでに大学病院で経験してきたことを生かした、新しいクリニックを開院することにしました。いつも混雑している大学病院では難しい、話しやすい雰囲気作りを心がけた、頼りになるクリニックを目指します。セカンドオピニオンもお受けします。目の病気、不安なことがありましたらお気軽にご相談ください。